Morinaga OYATSU HACKER

テーマ:海開き、山開き、アイス開き アイスの“美味しさ”と“能力”を最大限に引き出す「25℃」のマジックに注目!

第16回

暑さで参った体と心を癒す、冷たいおやつが恋しくなってくるこの季節。炎天下で汗をかきながら、アイスクリームを食べるのが真夏の楽しみ、という人も多いだろう。

しかし、アイスクリームは暑さに弱いため、気温が高すぎる場所だと、急いで食べなければならないのも事実。また、溶けかかったアイスのベタベタした食感を好まない人もいるはずだ。

 

はたして、アイスクリームはどれくらいの気温で食べると、いちばん美味しく感じるのだろうか?

 

そこで参考になるのが、日本アイスクリーム協会が、全国の20代から40代の男女に行ったアンケート調査の結果だ。これによると男性の54%、女性の52%が、アイスクリームが美味しく感じられる気温を「25℃くらい」と答えている。気象庁のデータをみると東京の7月の平均気温は25度前後であり、7月である今が特にアイスを食すのに最適な季節だといえる。(参照:気象庁

 

さらに日本アイスクリーム協会の調査結果資料には「一般に、アイスクリームは気温が22~23℃を超えるとよく売れるようになり、30℃を超えると氷菓やかき氷が売れるようになる」とも書いてあり、その説が証明された形だ。個人差はあるだろうが、おぼえておくとアイスをより美味しく食べることができるだろう。

 

さらに、この「25℃」という気温には、重大な秘密が隠されている。「おやつハッカー」にもご登場いただいている、脳科学者・澤口俊之先生によれば、脳が活発に働くための最適な室温が、この「25℃」だというのだ(詳細はリンク参照)。

つまり、アイスクリームをもっとも美味しいと感じることができる気温は、もっとも脳が活発に働く気温でもあったというわけなのである。

 

ただ、今後暑くなっていくにつれてどうやったら美味しくアイスを食べられるのだろうか。

 

ちなみに、環境省が推奨するクールビズのエアコン設定温度は28℃。この設定を順守している室内なら、アイスクリームを食べることで、自分の体を脳にとってちょうどよい温度くらいまでクールダウンさせることができるだろう。

また、気合を入れたい場合など「おやつ」の効果を最大限に発揮したいのであれば、一時的に室温を25℃まで下げることで、脳の働きを最適な状態に保つだけでなく、最高に美味しいアイスで、気分を高揚させる効果もあるかも?

 

真夏の「仕事や勉強」と「おやつ」の関係に欠かせない「25℃」のマジック。アイスクリーム好きならずとも、おぼえておいて損はないはず!!

 

 

(石井敏郎)

 

本記事は「マイナビニュース」から提供を受けております。

あわせて読みたい

  • バーアイスが好きな男性は温厚でコツコツ型? ディグラム診断で探る「アイス好きな男は○○だ!…

  • イライラなサマーよさらば! ロシア軍特殊部隊に学ぶ、夏のお悩み解消法

  • 夏季限定チェリオ ラムネが夏の初デートに有効な3つの理由

  • おやつの食べ方でわかる!上司の性格と対処法

TOPICS
【CST理論】C(Cold) S(Sweet) T(Texture)
ヒラメキの秋、到来!
夏を楽しむためのパワーアイス
海開き、山開き、アイス開き
梅雨こそアイス?っていう理由を考えてみた
おやつハック的!続ける・切り替える・デキる脳科学