PR

ニンニクを食べた翌日仕事が…!気になる体臭を撃退する方法

ニンニク料理を楽しんだ次の日、仕事などで体臭が心配になることがあると思います。

一般的に、口臭は約3時間、体臭は約16時間続くと言われています。

場合によっては、2日間続くこともあるそうです!

そんなニンニク特有の臭いを消すには、食後にヨーグルトや他の乳製品を摂取したり、お風呂でしっかり汗を流すなどの方法が効果的です。

乳製品以外には、緑茶やリンゴ、しょうがなどもあります。

ニンニクはとても美味しいですが、残念ながら翌日の体臭が気になる点が問題です。

特に、仕事で他人と接する際には、その臭いが不快な印象を与えてしまうこともあるでしょう。

この記事では、ニンニクを食べた次の日の体臭を防ぐ方法をご紹介します。

ニンニクを食べたけど次の日仕事だった!というときの体臭対策

ニンニクを食べた後の体臭を防ぐ具体的な方法をご紹介します。

食べ物で対策する方法と、汗などで排出させる方法があります。

  • 牛乳を飲む(ヨーグルトやチーズなどの乳製品もOK)
  • ニンニクを食べた後は、運動で汗をかく
  • トイレで食べたものをしっかり排出する
  • デオドラントシート(汗拭きシート)などで汗を拭く

体臭が特に気になる時には、デオドラントシート(汗拭きシート)の使用もおすすめします。

汗をかいた後に使うと効果的で、人と会う前に準備しておくと安心です。

また、乳製品の他にも、臭い対策に効果がある食品がいくつかあります。

  • 緑茶やコーヒーを飲む
  • パセリやレモン、しょうがを食べる
  • りんごを食べる
  • チョコレートを食べる

乳製品などでニンニク臭を軽減

さらに詳しく、ニンニクの後の体臭を防ぐ方法について紹介します。

牛乳を飲む

牛乳にはニンニクの臭い成分を体内で吸収するのを抑える効果があります。

ニンニク料理を食べた後は、少なくとも200mlの牛乳を飲むことがおすすめです。

できれば食事の前にも100ml飲んでおき、食後にもう100ml飲むことで、より効果的に体臭を防げます。

ヨーグルトやチーズを食べる

牛乳と同じく、ヨーグルトやチーズといった乳製品も、ニンニクの臭い成分の吸収を抑える効果があります。

食後のデザートとしてヨーグルトを食べたり、料理にチーズを加えたりすると良いでしょう。

これにより、翌日の体臭が気になることは少なくなるはずです。

臭い対策に効果的な食材は他にも!

乳製品の他にも、臭い対策に効果がある食品があります。

  • 緑茶を飲む(緑茶に含まれるカテキンの消臭効果)
  • コーヒーを飲む(コーヒーに含まれるタンニンの消臭効果)
  • パセリを食べる(パセリには、にんにくの臭いを分解する効果)
  • レモン、しょうがを食べる(防臭効果)
  • りんごを食べる(エピカテキンとポリフェノールの消臭効果。特に皮に多く含まれます)
  • チョコレートを食べる(ポリフェノールの消臭効果)

食後に、カフェオレ(コーヒー+牛乳)や抹茶ラテ(抹茶+牛乳)いいですね。

ニンニクを食べた後は汗をかいて臭いを出そう!

ニンニク料理を楽しんだ後は、積極的に汗をかくことが臭い対策に効果的です。

お風呂でリラックスしながら汗をかく

ニンニク料理を食べた夕食後は、温かいお風呂にゆっくり浸かりながら汗をかくといいでしょう。

この方法は、ニンニクの匂いを含む汗を排出するのに役立ちます。

また、サウナでの汗かきもおすすめです。

ただし、お風呂やサウナで汗をかく際は、脱水症状に注意して、水分補給を忘れずに行いましょう。

運動で積極的に汗をかく

ニンニクを食べた後は、運動をして汗をかくこともおすすめです。

ニンニクの匂い成分を含む汗を効率よく排出でき、翌日の仕事で体臭が気になる心配も少なくなります。

ニンニクを食べた後は、ジョギングやウォーキングなどでしっかりと汗をかくのがおすすめです。

トイレでニンニクの成分を排出

ニンニクを食べた後は、早めにトイレで排泄することも重要です。

これにより、ニンニクの成分が体外に排出されます。

排泄のコントロールは難しいかもしれませんが、食後にヨーグルトを摂ることも有効です。

ヨーグルトはニンニク臭を消す効果もあるため、ダブルの効果が期待できます。

便秘の方は、水分を摂ったり、運動などで体を動かすことも効果的です。

これらの体臭対策を知っていれば、翌日に人と会う予定があっても安心でしょう!

さすがに大量のニンニクだと厳しいかもしれませんが、その時はできる限りの対策をしてみてください。

それでもだめなら、ごめんなさい、と職場で謝っておくと気が楽です。

ニンニクを食べた後の体臭が変わる理由

ニンニクを食べた後になぜ体臭が変わるのかというと、ニンニクに含まれている特定の成分が、体内で変化し、結果的に体臭に影響を与えるからです。

ニンニクにはアリインという成分が含まれていますが、これは本来無臭です。

ところが、ニンニクを調理すると、このアリインはアリシンという成分に変わります。

このアリシンこそが、ニンニク特有の強い香りの原因となるのです。

食べたニンニクからのアリシンは、血液に混ざり、汗として体外に排出される過程で、体臭にも影響を及ぼします。

血液から作られる汗にアリシンが混じることで、体臭がニンニク臭くなるわけです。

私自身も、口臭が変わるのはわかりますが、なぜ体臭まで変わるのかが不思議でした。

その答えは、ニンニクを食べた翌日にかく汗にあったのです。

そのため、食後にたっぷりと汗をかくことで、翌日のニンニク臭を防ぐことが可能になります。

まとめ

ニンニクを食べると、その成分が血液に吸収されてから汗として排出されるため、翌日に体臭が気になることがあります。

もしニンニクを食べた翌日に仕事がある場合、しっかり汗をかくことや、便を出すなどの方法が効果的です。

また、デオドラントシートを用意しておけば、人と会う時に汗をさっと拭き取ることができますよ。

そして、食べ物で効果が期待できるものはこちら!

  • 乳製品を摂る(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
  • 緑茶やコーヒーを飲む
  • パセリやレモン、しょうがを食べる
  • りんごを食べる
  • チョコレートを食べる

夜はお腹がいっぱいで運動できなかったり、気力がない場合は、翌日早く起きて運動したり、朝風呂に入ったりするとよいでしょう。

error: