PR

初盆の過ごし方:何もしないことによる問題点と、行うべき最低限のこと

お盆、なすときゅうり 暮らし
暮らし

初盆に特別なことをする必要はないと考えている方もいるでしょう。

また、初盆に何もしないのが一般的に受け入れられるのか、気になっている方もいるでしょう。

私自身、十年以上前に父の初盆の準備を手伝ったことがありますが、その準備もお金も結構かかったことを覚えています。

初盆をせずに済むならそれがベストですが、何もしないと批判されるのではないかという心配が残ります。

ここでは、初盆に特に何もしないことについて、それが一般的に受け入れられるのか、潜在的な問題点、そして最低限行うべきことについて考えてみましょう。

初盆しないとどうなる?

一般的に、初盆は故人を偲ぶ大切な行事とされています。

初盆は、故人を追悼し、家族の絆を確認するためのもので、これを怠ると故人だけでなく、生きている家族も後悔することがあるかもしれません。

何もしないという選択が、将来的な後悔につながる可能性があります。

ただし、最近では核家族化が進み、初盆の行事を行わない家族も増えているのは事実です。

初盆を省略した際の考えられる問題点

初盆を行わない決断には、いくつかの問題が伴う可能性があります。

以下にその例を挙げてみましょう。

  • 初盆への参列を期待している人々の存在
  • お供え物が届くこと
  • 親族からの不満や批判に直面する可能性
  • 不幸や災いを招くと見なされることもある

初盆は、葬儀に出席できなかった人々や、後から訃報を聞いた人々が訪れる機会が多く、初盆の準備がなされていない場合、互いに気まずい状況になる可能性があります。

また、家族が初盆を行わない方針であっても、親戚や友人から提灯やお供えが送られてくることもあるでしょう。

これにより、初盆を行わないことで親戚からの不満や批判を受けるリスクがあります。

初盆の本質と宗教による異なる扱い

初盆、別名新盆とは、故人が亡くなって初めて訪れるお盆の期間を言います。

お盆は故人の魂が現世に帰ってくるとされる特別な時期で、この時に故人を歓迎し、供養し、その冥福を祈る大切な時間です。

特に、初盆は故人が初めて魂となって戻ってくる時期であるため、提灯などを用いて故人が家に迷わず帰れるよう迎え入れます。

通常、初盆は故人の四十九日が経過した後に行われます。

四十九日がまだ経過していない場合は、その年ではなく翌年に初盆を行うことが一般的です。

この風習は主に仏教から来ていると思われがちですが、神道でも「新盆祭」「新御霊祭」などの名で似たような行事が行われます。

一方で、キリスト教には初盆と同等の行事はなく、その代わりに追悼式を行うことがあります。

仏教の中には浄土真宗のように、初盆で特別な供養をしない宗派も存在します。

浄土真宗では、お盆を歓喜会と称し、故人を偲ぶ感謝の気持ちを持つことを重視しています。

結局のところ、初盆は多くの仏教宗派や神道で実施されますが、宗教によっては行わなくても良いとされています。

初盆にやること

初盆に一般的に行われることを見てみましょう。

  1. 初盆の日にちを決定し、菩提寺に連絡する
  2. 案内状を送る
  3. 食事や返礼品の準備
  4. お布施の用意
  5. 仏壇の清掃
  6. 迎え火や送り火のための準備
  7. 盆棚の設置
  8. 精霊馬や精霊牛の用意
  9. 盆提灯の設置
  10. お供え物の準備

これらは初盆の基本的な準備です。

さらに、実際に行われることは以下の通りです。

  1. 迎え火を焚く
  2. 僧侶による読経(お布施を渡す)
  3. お墓参り
  4. 食事の提供(や返礼品)
  5. お盆の期間に適したお供え物をする
  6. 送り火(精霊流しや灯篭流し)

これらの行事は、地域によって異なることがあります。

最小限の行事に絞る場合

初盆を行わない選択をした場合でも、最低限の準備は重要です。

全ての行事を実施するのではなく「これだけは行う」と家族で決める方法もあります。

例えば、

  • 僧侶の読経の省略
  • 迎え火と送り火のみ実施
  • お墓参りのみ実施
  • 提灯のみ飾る

など、家庭に応じて必要最小限の行事を選ぶことができます。

地域や宗教によって異なるとしても、最低限の行事としては「迎え火を焚き、仏壇を清掃し、お供え物を配置し、送り火で故人を見送る」ということが意義深い行為です。

何もしないよりは、できる範囲で行事を行うことで、故人に対する気持ちにも変化が生まれるでしょう。

まとめ

初盆は、故人が亡くなった後初めてのお盆に行う行事で、故人を自宅に迎える伝統的な儀式です。

この行事を省略すると、一部では心に何か物足りなさや不安を感じることがあると言われています。

最近の傾向として、初盆を行わない家庭が増えていることが見受けられます。

神道では初盆に相当する「新盆祭」や「新御霊祭」のような行事が存在しますが、キリスト教にはこれに類する行事はありません。

仏教の中でも、特に浄土真宗では初盆を行わなくても問題ないとされています。

それにもかかわらず、多くの仏教宗派(浄土真宗を除く)や神道では、通常、初盆を実施することが一般的です。

初盆を行わない場合、予期せぬ来客の訪問やお供え物の到着、親戚からの非難や怒りを招くリスクもあります。

このため、初盆に何を行うかは、家族で話し合って決めることが推奨されています。

実際には、初盆には費用がかかることや住宅事情による制約もあり、簡素化する家庭が増えています。

初盆の本質を理解し、その上で家族で対応策を検討することが重要です。

error: